« 洞爺湖サミット余波 | Main | 梅雨明け-日照り »

07/14/2008

今こそ節約

 今日もものすごく暑い。2時過ぎの太陽の照り付け方はじりじりとまさに痛い感じだった。2時半過ぎからちょっと風が出てきたような気がする。少し一息つけるかという程度だ。
 環境問題の洞爺湖サミットは終わり、一般には不発だったような言い方が多い。原油の値上がりが厳しく、世界の経済がどうなるか見通しがたたない現状では仕方ないという諦めが強いのだろう。しかし環境問題にしても、精神主義的で訳のわからない政府の環境対策よりも、原油値上がりで突きつけられている節約の必要性の方が、環境問題にはプラスに働くのではないだろうか。全国の漁業関係者がまた休漁をするという。燃料の値上がりが4倍にもなっているのに、漁業産物の値段はほとんど上がらないので、このままでは漁業が立ち行かないという、まことにもっともな話だと思う。昨年後半からの値上がりムードは生活に直接響くようになってきているのは確かだが、どうも大量消費のための無駄遣いが多いような気がする。中国産うなぎにいたっては、偽装発覚に伴って何億円もの大量のうなぎを焼却してしまうというニュースがあった。高級品を安く食べたいというのは、あまり切実感ある問題ではない。結局、本来安いものを高く売って儲けようとする者に踊らされているだけではないのか。
 漁業を休むことによって、食料が適切な価格で販売されるのは、否定されるべきことではない。それにあわせて、消費者は本当の意味での節約を心がけるべきではないのか。必要なものを適切な価格で買って、きちんと節約することを考えるほうが良いと思う。ガソリンについても、投機的な先物相場の値上がりを根拠に安心して国内価格を上げようとしているように見える。報道では、行楽を控えなければとか個々の生活の喜びを失うことを憂えるような声が多かったような気がする。ガソリンの値上がりは物流コストを上げ、結局物価を押し上げることになるので大変なことだが、市民生活上では直接には節約が可能ではないか。昔から言われている節約運転、節約方を実行し、市民レベルで価格上昇に抵抗すること、そして、物価上昇にも節約で抵抗することが、投機的な原油価格上昇に最も効果的なのではないだろうか。
 国とか、政府とかの施策に頼ろうとすると、大概投機マネーとの取引などから、別の面で消費者に付を回されることが多い。本当に消費者が自己防衛をすることこそが今大切なのだと思う。

« 洞爺湖サミット余波 | Main | 梅雨明け-日照り »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84061/41833530

Listed below are links to weblogs that reference 今こそ節約:

« 洞爺湖サミット余波 | Main | 梅雨明け-日照り »

December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バナー

Recent Trackbacks

Categories

  • ウェブログ・ココログ関連
  • テニス発祥記念館
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旧東海道
  • 水辺の鳥
  • 環境活動支援センター
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 鎌倉
無料ブログはココログ

季節の花とともに

  • Rimg0014
    近所に、児童遊園地、農と緑のふれあいセンター、英軍墓地、子供植物園が一塊になって、大きな自然公園になっています。折に触れて写真を撮りに行っているので、特に気に入ったものをアルバムにしたいと考えました。