« April 2008 | Main | June 2008 »

05/31/2008

もう梅雨が始まった

 しつこく雨が降る。今日の最高気温は16度くらいの予想だったが、結局は12,3度どまりだったのではないか。3月下旬の気温といっていたが、もっと寒いような気もする。Rimg0004
地球の温暖化なんかどこへ行ったのかという感じだ。
 もう梅雨といってもよいのではないか。それほど激しく降っているようにも見えないが、通勤途中バス停脇の小川もずいぶん水量が増している。今年の3月から5月にかけての雨量は相当なもののようだ。何しろ5月の土日で晴れたのは1回ぐらいしかないのではないか。
 人間は晴耕雨読で、静かな雨なら良い休養だが、植物は日照不足で弱りやすい。ひどくなると根腐れしたり、病Img_0554
気になったり害虫が付きやすくなったりする。素人ではどうにも対策の立てようがない。本当にお天気任せしかないのは困ったものだ。
 家の裏側のベランダの下はあまり雨が当たらないので、ここを何とか工夫して雨に弱い種類の鉢植えを置けないかと思うのだが、鉢やら園芸用具やらごちゃごちゃしていて収拾が付かないのが実情だ。雨戸の戸袋の上にトレリスを取り付けるぐらいは可能かもしれない。とにかくこのところ、花も鉢もありすぎる。世話をするペースすらない。種から育てた朝顔もだいぶ大きくなってきた。どこに植えつけたらよいものか。もう限界だな。
 政治の世界ではあまりこれといった話題がないようだ。アフリカ開発会議も閉幕した。横浜宣言も出され、それなりに意義ある会議だったはずだが、やはりマスコミの関心は高くないようだ。四川大地震の結果北京オリンピックがどうなるのか、の方が気になるのだろう。中国批判に終始しているような気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/25/2008

雨が降る

 関東地方の3月から7月は雨期なのではないかと思う。6月後半・7月の梅雨は当然だが、春の長雨、五月雨と、とにかく雨が多い。今の時期は、1週間とか10日とか降り続かないのでまだしもだが、今年は1日降るとかなりの雨量になっているようだ。今年は土日の雨が特に多いような気がする。Img_0552

Img_0554
 これだけ降ってくれると、鉢植えは大変だ。このところそれでも日照はあるからまだよいのだが、梅雨時になれば根腐れが心配になる。水遣りを控えるだけでは持ちこたえられない。かといって、一日晴れれば、鉢はすぐ乾いてしまう。Img_0558
高温多湿は草花にとっては快適な生育環境ではないのだろう。病気も増えるから、毎日の点検も大変になる。かなり神経を使っても、完全とはいえない。これからの対策を考えるためにも、今の状況を写真に記録しておくことにした。Img_0560
時期的にはビオラの花がすっかり小さくなってきた。そろそろ、この花は終わりの時期になってきたのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/21/2008

黄色い花盛り

Rimg0080_2
 台風一過の五月晴れとは、表現はおかしいと思うが、今日はとても気持ちのよい日だった。いろいろな花も今が盛りと咲き出している。通勤の途中でそんな花を写してみた。ひとつはガードレールを包み込むように咲いている黄色い花だ。交差点のすぐ近くだが、これだけ盛んに咲いていれば本当の事故防止に役立つだろうと思う。殺風景なガードレールだけだと体は防御できるだろうが怪我はするかもしれないという感じだが、こんな花のカバーであれば、事故そのものと離れられるのではないか。
 もう一つは皐月。小さな株だが、赤あり白あり、Rimg0077
紅白ありと多彩な咲きかたをしている。皐月独特のはなつきだが、五月の爽やかさに本当にぴったりの花だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/20/2008

台風4号はそれた

 台風4号はそれたようだが、先行して進んできた低気圧の雨は大変な雨量だったようだ。それでもピークは7時ぐらいで、出勤した後はどんどん回復してきた。朝の通勤時間帯は、横浜の地下鉄も一部止まったり、東海道線の運休などの影響でだいぶダイヤが混乱していたようだ。
 図書館はさすがにお客様が少なかった。午後から天気が持ち直してきたのだが、それでもいつもの半分以下だ。夕方、結構さわやかな薄曇りとなった。神奈川駅のホームがちょっと人懐こい感じがする。Rimg0079
何となく良い一日だったような気がする。傘を忘れないようにしなければ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/19/2008

もう台風4号がくる

 今日は嵐の前の静けさか、時折雨が降るものの何となく穏やかな一日だった。九州からは低気圧が進んできているし、沖縄あたりには台風4号があって東に進んできているという。雨風のピークは明日20日の朝になりそうだ。1日で250ミリぐらいの降雨量になりそうだといわれている。5月半ばで台風4号なんてずいぶん早い感じがする。しかも、最近は発生してからすぐ日本にやってくる。家の周囲の植木類、鉢植えの雨対策を感がなければいけない。日本は、本当に年柄年中雨が降っているような国土だから、水遣りがとても難しい。水は大切なのだが、やりすぎればすぐ根腐れしたり、元気がなくなったりする。250ミリも降られたらたまったものではない。傘でも差してやりたくなるのだが、家全体を覆えるような工夫でもしなければ役に立ちそうもないし、本当に困る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/14/2008

道路財源の一般財源化

改正道路整備費特例法が衆院で再可決された。いよいよ道路特定財源の一般財源化が動き出す。増税路線の始まりなのに、マスコミは歓迎的な論調なのが解せない。安部政権でも方向が決まっていたというが。政府にとっての都合だけで決められてしまうのは困る。いつどのような議論で決まったのか。それが国民にとってどのような意味があるのか、全く知らされていない。道路特定財源の一般財源化は政府の裏切り行為ではないかという議論が3年前ぐらいまでは、コマーシャルでも訴えられていたと思う。それが正しい認識だったはずだ。道路特定財源が余るなら、減税すべきであり、不要なら廃止すべきである。少なくとも。そうした議論がちゃんと国会で行われなければいけない。
 本当に、日本の政治は情けない状況になっている。与野党ともに政局ばかりで、結果的に国民に負担を押しつけるだけという構図になっている。総選挙を民意だというが、選挙ばかりで体制が決まらないのは、国民に負担だけを押しつけていることに気がついていないようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/13/2008

雨ばかり

 5月に入って雨の日が多い。ここ3~4日はことのほか寒い。3月中旬の陽気だそうだ。台風2号が関東地方東側Rimg0081
に接近したようだが、結果として北風が吹き込んだのか、寒いまま一日が過ぎた。日本は雨の多い国だとは覚悟しているのだが、こんなに雨が降り続いて日照が少ないと植物の生育に影響する。家の外回りの石垣にびっしり付いたツタは元気だが、他の草花は根腐れが心配になる。このまま梅雨になったらどうしようという感じなんだが、これも異常気象なのだろうか。ひところは温暖化が心配されていて、こんなに寒い5月が続くなんていうのは、異常気象の中の異常気象というより仕方がないのだろうか。この時期暖房を入れなければいけないというのは、ごく温暖化対策に反すると思うのだけれど、我慢ばかりもしていられない。困った世の中だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/08/2008

完全休養庭仕事

 交代勤務の職場なので、いまだに飛び石連休の渦中にある。今日は五月晴れのさわやかな一日だった。
 朝から生け垣につたの整理を始めて、あっという間に午前中が過ぎ去ってしまった。これといって計画的に庭仕事を始めたわけでもないのだが、水遣りと、ちょっと育ってきた苗の鉢上げをしただけでもう11時の時報を聞いた。我が家の表側は斜面の宅造地特有の高い石垣に。びっしりとツタが覆ってしまっている。冬はツタの葉がみんな落ちているので、汚いだけなのだが、春から後は大小のツタの葉でうっそうとした感じになる。そこへ、クレマチスやらランタナやらつるっぽいものを絡めさせて、雰囲気を変えようとしているのだが、ツタの勢いがものすごく、なかなか思うようにはいかない。
 午後までかかってかなりツタの葉を退治して、ようやく一休みしたらもう午後4時を回っていた。家の外側で植木をいじっていると、通りがかりのご近所の人と結構いろいろなコミュニケーションができる。平日なので、学校の行き返りの子供たちの話声も聞かれてなかなか楽しいものだ。
 のんびりと仕事を忘れて、良い休息ができた。これで、完全退職後Img_0499
のペースもつかめたかなという気もする、というのはまったくうその話だ。庭仕事をやりながらも、図書館のシニアサービスのことなんかを考えていたりする。退職後のことを考えて、ボランティアのやり方なんかの本を集めてシニアサービスにしようとかいうアイデアをちょっと前に議論したのだが、どうしても納得できない。ボランティアのやり方とか、退職後の働き方とか、地域への戻り方とか、みんな退職前に研究するべきことなのだ。40代、50代の人向けのアイデアで、とてもシニアサービスといえるものではない。では、シニアサービスとはどんなものが必要なのか。
 そんなことを考えながら、結局は一日が終わった感じだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/05/2008

英連邦軍墓地

 こどもの日でどこも混んでいるようなので、近所の児童遊園地に行ってみることにした。季節的に花は入れ替わり時機のような感じで、案外少ない。ハーブ系はあまり見たことのないきれいな花が咲いていたが、他はツツジも石楠花もちょっと盛りを過ぎているようだった。そのため、隣接の英連邦軍墓地まで足を伸ばしてみた。
Img_0517
 こちらも花の時機は終わってしまっているようだったが、静かな庭園のたたずまいが心を落ち着かせる感じでよかった。ビジターの記帳を見ると、3時ごろまでに記帳している人は20人ぐらい。記帳しない人も多いだろうが、やはり普通の庭園と違って、来訪者の数自体少ないのだろう。墓地は連邦の地域別にいくつかに分かれているのImg_0513
だが、今日は全部の墓所をっを回ってきた。大概の所は大きな十字架の下に墓標が整然と並んでいる。その十字架のほとんどにキリストの十字架の形をしたサーベルが付けられていることに今日始めて気が付いた。サーベルが付いていないのは、ブリティッシュ・コモンウェルス・フォースだけで、インディアン・フォースの墓所には十字架がなかった。Img_0531_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »