05/20/2019

金刀比羅宮・大綱神社で

Kimg3925 Kimg3932

 旧神奈川宿台の坂にかかる所に金刀比羅宮・大綱神社がある。金刀比羅宮は天狗を祀っているようだ。正しくは大物主命が主祭神という。石段の上から鳥居の方向を見下ろすと、横浜駅の方角が見えるが、鳥居前の道路の先は、かつては神奈川湊の一部で、海だった。

Kimg3935 大きな赤い鳥居は、その昔、神奈川湊に入ってくる船の目印ともなっていたそうだ。

05/18/2019

シャクヤク、子ども植物園で

Dscf6047 Dscf6045 Dscf6043

 シャクヤクがそろそろ終わってしまうかもしれないと、子ども植物園に行った。そろそろ咲き終わりの株もあるようだったが、なんとか間に合った感じだ。白系、赤系それぞれに満面の笑みに巡り会うことができた。

05/16/2019

くらやみ坂で

Dscf5947 Dscf5948

 藤棚商店街から野毛、そして横浜港へと抜ける道にくらやみ坂がある。昔は、このそばに刑場があったそうだ。今ではそんな面影もなく、港の景色も見えない。

 以前は、くらやみ坂を上りきったところに小さな公園があり、その一隅にそれらしい祠があるだけだった。今は、それに加えて、港側に広々として明るい公園ができている。公園の名前は、共に「伊勢町もくせい公園」となっている。地域の風景が一変した感じもするが、5月の明るい日差しの下では、それぞれに気持ち良さそうだ。

05/11/2019

焼き餅坂で

Kimg3907_1 Kimg3909

 旧東海道境木の立場から品濃一里塚へ至る下り坂が焼き餅坂だ。昔此の辺りで焼き餅を売る茶店があったと言う。そして昔は、此処からの富士山の眺めが良かったと、浮世絵にも描かれていた。

 今、歩道に一本の木が、小さな白い花をビッシリつけていた。歩道の上にも花がいっぱい散っている。昔の旅の辛さを偲べと言うように。

05/10/2019

カモの親子

Dscf5683 Dscf5686 Dscf5671

 午後4時過ぎくらいだったが、あいにくの曇り空で、もう夕暮れの雰囲気だった。保土ヶ谷町二丁目付近の今井川で、カモの親子を見た。今年は、4月半ばから、少し寒い日が続き、ヒナたちのデビューはちょっと遅めだという気がする。

 だが、ヒナたちは元気そうで、親たちを後目に、活発に動きまわっていた。ヒナは合計6羽。保護カモは、普通は1羽だが、2羽ついているようだった。

05/08/2019

茶屋町橋のアオサギ

Dscf5600 Dscf5602

 茶屋町橋は、旧保土ヶ谷宿上方見附近くにある。北側の丘から今井川に流れ込む小川に架かる橋だ。今井川は、このあたりで少し蛇行し、ゆったりした淀みどなっている。一羽のアオサギが、葦の葉陰に紛れるように、静かに佇んでいた。岸辺は国道1号線で、大型トラックなどが頻繁に行き交うが、この淀みは、正に異世界のようだ。

05/07/2019

北鎌倉長寿寺で

Kimg3882 Kimg3886 Kimg3890 北鎌倉ににある長寿寺は足利尊氏邸跡に創建されたお寺で、足利尊氏の関東に於ける菩提寺だという。境内裏山に尊氏の遺髪を納めたお墓がある。拝観日が限られているが、拝観日には方丈や書院から庭園を眺めることができ、禅の修行の一端に触れることができる。

Kimg3892 Kimg3893 本堂背後の庭園は、俗を離れた清浄感に満ちた整備がされ、牡丹やツツジ新緑が美しかったが、とりわけシャガの群落が見事で、目を惹かれた。

05/05/2019

中村川の吉野橋

Dscf5513


Dscf5516

 鎌倉街道が中村川を渡る吉野橋は、大正15年(1926年)に建造された震災復興橋。かれこれ1世紀を経る訳だが建造当時の構造を基本的に維持しており、震災復興から現在に至る街の歴史を偲ぶ貴重な建造物として、今年3月26日横浜市認定歴史的建造物となったそうだ。「復興型」震災後復興橋梁『吉野橋』という厳めしい名前を貰ったらしい。

 それはともかく、白い大理石張りで、両端に小さなアーチ持つ綺麗な橋だ。上を首都高が通っていて目立たないのがちょっと残念な気もする。ランタン風の橋柱の佇まいも風格を感じさせる。

05/04/2019

高島水際線公園から

Dscf5472

Dscf5477_1

 

 高島水際線公園の対岸には、ポートサイド地区の高いビル群が見える。岸部のビオトープの前を水上バスが通る。この時期水鳥の姿は少ないが、一羽の鵜が、広い水面を独り占めにしていた。

Dscf5483

 

 高島水際線公園を突っ切って貨物列車が通って行く。初夏の日差しがなんとなく気だるい。

05/03/2019

帷子川、横浜駅東口付近で

Dscf5478 Dscf5480 Dscf5490

 5月1日はもう初夏の気分で、帷子川の水面にも、川原にも心地良い風が吹いていた。枯れたススキの原の向こうを水上バスが通る。みなとみらい大橋の下辺りは、派新田間川が合流して、川幅が特に広い。轟音とともに、波飛沫を上げて水上オートバイを楽しむ人たちもいる。

«昨日の夕焼け

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バナー

Recent Trackbacks

Categories

  • ウェブログ・ココログ関連
  • テニス発祥記念館
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 旧東海道
  • 水辺の鳥
  • 環境活動支援センター
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 鎌倉
無料ブログはココログ

季節の花とともに

  • Rimg0014
    近所に、児童遊園地、農と緑のふれあいセンター、英軍墓地、子供植物園が一塊になって、大きな自然公園になっています。折に触れて写真を撮りに行っているので、特に気に入ったものをアルバムにしたいと考えました。