09/27/2016

壮大な夕焼けは秋の兆し



9月に入って、夕焼けを見ることはあまりなかった。久しぶりの夕焼けは、裾の方に雲の峰々が迫っているものの、壮大な天上の風景を映し出しているようだった。
天高く、馬肥ゆる秋か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/25/2016

擁壁の芙蓉



国道1号線狩場町バス停そばで、綺麗な芙蓉の花が咲いていた。擁壁のわずかな隙間に根を張って、しっかりと育っている。

すぐ脇にはハゼランも、寄り集まって賑やかだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/24/2016

カタツムリ



今年の9月は、本当に雨に降りこめられた感じだ。あたり一面ビショビショで、カタツムリだけが元気に見える。

良く見ると、ちょっと変わった柄の殻をつけたカタツムリがいた。殻の口の付近の薄赤い縞模様がオシャレに見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/23/2016

ヤブカラシ



土手のヤブカラシは、唐草模様そのものだ。ヤブカラシの花も、こうして見るとなかなか端正だ。

蔦の葉も負けじと唐草模様を織り出している。雨の降り続く9月。つる草の仲間はすごく元気だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/21/2016

土手の草花ー権太坂





国道際の土手を見る人は少ない。皆、黙々と急ぎ足で通り過ぎる。それでも、流石にヒガンバナ。赤い花が激しく自己主張する。

ヤマゴボウの花は、白くヒッソリと咲いていた。

同じ白い花でも、仙人草は賑やかだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/16/2016

長雨に紅い花

20160916_090159

20160916_090211

 日中は曇り空でも、朝晩雨が降り続く。そんな日が続いている。駐車場フェンスに巻き付いたミニチュアの朝顔のような花が、何かを訴えかけているようだ。別に雨が嫌なわけじゃない。背後の雑草も、生き生きとしている。でも、毎日の雨降りはちょっと寂しい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/15/2016

横浜駅西口の派新田間川

20160914_153240
 上を通る高速道路に遮られて、派新田間川の川面は深衣濃緑色に沈む。縁取られた小さな空間のビルや木々が川面に映り、殊の外美しく見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/14/2016

ヤマブドウかな

20160911_151815

20160911_151754
 中央市場からの道が国道に突き当たる三叉路。植え込みの植栽に小さな球形の実をつけた蔓草に覆われていた。花もついているが、球形の実はちょっと紫がかった緑が綺麗だ。これがヤマブドウなのかなとも思ったが、調べてみてもよく分からない。葉の形はぶどうに似ているが、ヤマブドウは蔓草ではなく、落葉低木だという。ともあれ、道端のちょっと可愛い実の姿に心和む思いがする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/13/2016

護岸飾る緞帳

20160911_150826

20160911_151320
 川岸をビッシリと覆うツタ紅葉は、綺麗に織り上げられた緞帳のように見える。この辺り、大きなボラが川面に浮かんで、ゆったりと泳いでいた。8月の末から、相次いでやって来る台風に刺激されてか、もうすっかり秋の長雨の季節になったようだ。-神奈川区滝の川、土橋付近-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/12/2016

石垣のヘクソカズラ

20160911_150027

20160911_150046
 鉄道の石垣に、すがりつくようにしてヘクソカズラが咲いていた。曇り空、黒っぽい石積みの上のヘクソカズラの花は可憐だ。別名をヤイトバナ、サオトメバナと言うそうだ。ヤイトバナは、花がお灸の痕のようだからか。葉や茎を折ると悪臭がするので、ヘクソカズラと言うそうだが、見た感じからは、サオトメバナに軍配を上げたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«ハナミズキの黄葉