10/19/2017

暗渠のシラサギ

Dscf1909
 午前中は快晴だったのに、午後はどんどん天気が下り坂。今にも降り出しそうな空模様に、JR保土ヶ谷駅西口広場下の暗渠部分にシラサギが佇んでいた。連日の雨に、水鳥まで雨宿りか。(10月18日午後4時30分頃撮影。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/18/2017

やっと晴れた-ホウジャク

Dscf1900

Dscf1898

Dscf1902
 ようやく今日は快晴だ。何日ぶりだろう?早速かどうか分からないが、アメジストセージにホウジャクがやって来た。こうして陽を浴びていると、久しぶりの晴れを、本当に喜んでいるように見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/15/2017

水流増す柏尾川で

Dscf1848

Dscf1850
 秋の長雨と言うが、今年は8月からずっと雨雲に包まれていたような気もする。お蔭で、市内の河川も水量豊富で、柏尾川の流れもかなり速いようだ。今の時季、小魚も豊富で、柏尾川のアオサギも活発に猟をしていた。獲物をくわえた表情は満足げだ。
Dscf1857 直ぐ脇の川原にはカワセミもきていた。こちらも、ホバリングからダイブしたりと活発だった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/14/2017

柿もみじ





もう冬といってもいいような、冷たい日が続いている。こんな時に見る柿もみじは暖かい。今年は柿のなり年かな?この柿の実は大きい。(横浜市戸塚区戸塚町で)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/13/2017

川べり歩くシラサギ

Dscf1859


Dscf1860


Dscf1861 JR戸塚駅近くの川べりを1羽のシラサギが歩いていた。特に小魚を狙っているようにも見えなかったが、やがて、川面に映る自分の姿にご対面していた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/11/2017

カモたちの夕べ





残照の下で、カモたちは思い思いに夕べの祈りを捧げる。街中の自然に、敬虔な時が流れる。ー今井川でー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/10/2017

夕陽に輝く穂





ススキの穂が夕陽を浴びて輝いていた。静かに、また、激しく流れ落ちる黄金の滝のようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/09/2017

鉄塔





自宅の近くでは、住宅地の上を通り抜ける高圧送電線の鉄塔が多い。

なかなかふてぶてしい面構えの鉄塔もあって面白い。確かに、風雪に耐えて立ち続けている、皆んな強者に違いない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/08/2017

川辺のスズメ

Dscf1799

Dscf1801
 スズメは何でも並ぶのが好きらしい。川べりのフェンスの上に、スズメが並んでとまっていた。しばらくして、見張りを残して、さらに川岸の護岸の上に集まっている。ここは、帷子川沼野橋下水処理施設のあるところだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/07/2017

シラサギとアオサギ

Dscf1748

Dscf1750
 平戸永谷川の岸辺、シラサギとアオサギが対峙していた。アオサギはじっとして動かない。やがて、シラサギはアオサギの頭越しに、遊水池の水たまりへと飛んだ。
Dscf1755 平戸立体の影を浮かべた水たまりで、シラサギは独り夕餉を楽しんでいるようだった。

Dscf1752 アオサギはやはり動かない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«ガスタンクの見える公園