11/23/2017

平戸橋の親柱

Kimg0344_2
 帷子川から分かれて、平沼と戸部の間を流れる石崎川に、両地名を冠した平戸橋がある。京浜急行の鉄橋をちょっと上流だ。

Kimg0341_2


Kimg0343_2 平戸橋は関東大震災の復興でかけられた橋だが、親柱は石を積み上げたような形で、上にランタンのようなライトブルーの照明設備が付いている。照明自体はないが、中を覗いてみたら、雑草のヒメツルソバが間借りしていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/22/2017

高島町交差点で





国道1号線高島町交差点はちょっと複雑な交差点でもある。横浜駅東口から来て、この交差点で左折すると国道16号線になり桜木町駅方面に向かう。高島町交差点は国道16号線の起終点でもある。
国道16号は首都圏を環状に結ぶ一般国道で、ここから八王子方面へ向かうことになっているけれど、そのためには、桜木町方面から桜川新道を走り、高島町交差点の脇を左折して、国道1号を並走して浜松町交差点でさらに右折することになる。その方向を見たのが2枚目の写真だが、2本のイチョウが見事に色づいている。


並木として植えられているイチョウだが、他の木はまだ緑色が多く、この2本だけが仲良く黄色に染まって、印象的だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/21/2017

快晴の富士

Dscf2421
 一段と冷え込んだ今朝、この秋初めて快晴の富士山を眺めた気がする。いつの間にか、山頂の雪が広がり、如何にも富士山らしい姿になっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/20/2017

夕焼け富士-赤関橋

Dscf2398
 旧東海道品濃口辺りから赤関橋方向を見ると、電線や道路標識の上に富士山が浮かぶ。富士山には、左方向西側から強い風が吹き付けているようだ。雪煙を上げているように見える。11月も後半に入って、急速に寒くなってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/19/2017

児童遊園地で





児童遊園地では、まだ黄葉が優勢だ。壁のようなイチョウが黄色く輝いている。

梅林の斜面に小さなもみじがあった。

大きなハゼの木も赤と緑が混ざり合っている。もう直全体が真っ赤に染まるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/16/2017

保土ヶ谷駅の黄葉







保土ヶ谷駅東口バスロータリー国道側の黄葉はなかなか見事なものだ。歩道橋の上から見ても壮観だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/15/2017

高層マンションの夕日

20171115
 帰宅途中、東戸塚の高層マンションの脇に沈む夕日を見た。肉眼で見た深紅の球体は再現できなかったが、なかなか壮観な姿だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/14/2017

笹竜胆ー明月院







笹竜胆は鎌倉市の花だそうだ。源氏の白旗に描かれた紋章でもあったと思う。実物の青い花が可愛い。
その笹竜胆の向こうに、茶室・月笑軒門が見える。軒先にかかる紅葉の色合いが絶妙な秋の風情だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/13/2017

明月院ー晩秋近く







晩秋にはまだ早いものの、開山堂周囲には秋の深まりが濃くなっていた。山門に添えられた柿の実は熟して齧られたようになっている。

参道の枯れた紫陽花の中に、小さく青い花が残っていた。不思議な姿に、暫し見つめてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/12/2017

子ども植物園で







ヤマボウシの紅葉が、秋風の吹く空に突き刺さるようだった。木原均博士顕彰碑の周囲には、ツワブキの花が静かに咲いている。メタセコイアの並木も、心落ち着く秋の雰囲気だ。



11月15日までの菊花展には、大輪の花や小菊の盆栽、それに野菊の仲間も展示されている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«元街裏のカモメ