03/28/2017

柏尾川の浅瀬で

Dscf9044


Dscf9042
 柏尾川大橋上流の人工浅瀬で、2羽の水鳥が餌を採っているようだった。セキレイと一緒にいるのはイソシギだろうか?花見にはちょっと早い柏尾川は、この朝までの冷たい雨に増水気味だったが、周囲は静かだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

柏尾川の堤で





開花宣言の後、二日続きの真冬の雨もようやくあがった。柏尾川大橋付近の桜もじっと身を固くしていたようだ。蕾のままだが、はっきりと色づいている。

葦原にこぼれたような、小さな桜だけが開花していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/27/2017

山手公園の桜はやや遅め







昨日日曜日、生憎のお天気でヒマラヤスギコンサートは68番館の屋内で開かれた。公園の桜も去年より1週間遅れぐらいで、ちらほら花開いている程度だった。多分今週末には見頃になるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/26/2017

ハナモモの咲くバス停で

20170320_162609

20170320_162932

20170320_162919 ハナモモは保土ケ谷区の花になっているそうだ。正に桃色の花は松の緑を背景に、目立つ存在だ。白い花もある。旧保土ヶ谷宿の上方見附址に近いほどが野鳥二丁目バス停の辺りは、今井川沿いの遊歩道になっていて、松並木の趣もあり、その所々に濃い桃色や白の花モモが咲いている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/25/2017

小学校の土手







小さな花々が並んで咲いていた。小学校の土手は、春いっぱいだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/24/2017

白い花の坂道

Dscf9017


Dscf9016
 野毛の中央図書館を出て坂道を上がっていくと雪柳の植え込みが見事だった。そして、そのさらに上のコブシの花は格段にきれいだった。コブシの花はちょっと頼りなげな気がする。でもこのコブシの花は八重で、きっぱりとした感じだ。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/23/2017

一里塚・桜は蕾

Dscf8974

Dscf8972
 お彼岸になって、さすがに朝晩の冷え込みがすっかり和らいだ。東京ではもう桜の開花宣言があったようだが、東戸塚ではまだこれから。肉眼では蕾がかなり膨らんで見えるものの、細い枝が空に広がっているばかりだ。ただ、枝先の蕾がリズミカルな感じで楽しげに見える。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

境木ふれあい樹林・椿







境木地蔵尊裏手にある境木ふれあい樹林。今の花は椿だ。樹林入り口道路の両脇に、優しい感じの椿が並んでいる。
梅はもう終わり、ソメイヨシノの蕾はまだ固いようだった。花の少ない時期、濃い緑の中に飾りつけられたような赤い花がいじらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/22/2017

丘の上のカトリック教会





旧保土ヶ谷宿には、谷戸ごとに寺社があるという感じだった。その一角霞台の丘の上にはカトリック教会がある。子どもの頃、近くに住んでいたが、佇まいは全く変わっていない気がする。
中庭に入ると真っ白なマリア像があった。これも昔からあったのだろうか?子どもの時には気がつかなかったのか?此処はいつもシンとして静かな場所という記憶しかない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/21/2017

ちいさな花





道路のコンクリートの隙間から、赤い花が顔を出していた。葉を見るとカタバミのような気がするが、縮こまっていてよくわからない。

タンポポも、シッカリした黄色で自己主張している。
さすがお彼岸だ。間もなくソメイヨシノの開花も聞かれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«バス停の白モクレン